フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 『92歳の現役保育士が伝えたい親子で幸せになる子育て』 | トップページ | 丸善と三越 »

2019年11月13日 (水)

足利の蕎麦

 《先日、群馬県高崎市から入らしたお客様と蕎麦の話になり、「蕎麦は足利です」と申し上げたらご存じなかった。足利は蕎麦のうまい街だが、それを主張する人がいないから誰も知らない。

 そんな足利で生まれ育った私には、佐野で満足できる蕎麦屋になかなか出会わない。そこそこ食える蕎麦屋が、最近、店仕舞をした。そこで、新しい店を開拓しようと、近くの蕎麦屋に行って来た。午後一時過ぎだったが満席で、カウンターの隅に座る。

 「もりそば」を注文。

 一口頂いたら、もちもちしていて、蕎麦を食している気がしない。不味くはなかったので完食したが、どうも後味が良くない。私は蕎麦の味を忘れたのだろうか?と疑心暗鬼となっている。

 近々に、足利にそばを食べに行って、自分を確かめようと思う。》
 

 フェースブックでこのように、「私は蕎麦の味を忘れてしまったのか?」と疑心暗鬼となったお話しをしました。そこで、自分を確認に、足利に蕎麦を食しに行ってまいりました。 
 
 友人の歯科医が、「九一で蕎麦がきを食してきたけれど、『店主が今年の新蕎麦は美味いと言ってましたよ。 』」と教えてくれたので、いつもの九一蕎麦へ。 
 
20191112125832

 本当のことを言うと、私は他の店でも足利なら良かったし、久しぶりに「一茶庵」でも行こうと思っていたのですが、外食嫌いの家内が九一の蕎麦が殊の外好きだというのが、九一へ行った最大の理由なのです。家内は暖かい蕎麦が好きで、九一は麺とお汁が絶妙だと云います。
20191112131002
 私はいわゆる十割蕎麦と天ぷら。家内(写真向こう側)は天ぷら蕎麦。

 九一は読んで字のごとく九一なんですが、数限定で十割を出しています。私は、他所では十割は頂きません。麺は太めだし、つなぎを使っていない分切れやすいからです。ところが九一の十割は、九一と同じように細切りで出すし、ぼそぼそと切れる事もなく蕎麦を楽しめる。
 一口食しただけで、「あぁ、蕎麦だなあ」と感じ、自分に自信を取り戻せました。行って良かったと、心から思います。
 
 もう一つ九一に行く理由が天ぷらです。上天のエビは巨大で、これが良いのですが、野菜の揚げ具合も絶妙。これも、昔からだ。
 
 お昼時に行ったので、お客様がひっきりなしでしたが、それほど待たされることもない、プロの仕事を見せてもらいました。店主の茂呂君とも少し話も出来た。ごちそうさまでした。
 
20191112125809
 
 九一の蕎麦は、酒を飲んだ後が絶妙で、ここに勝るものはない位なものですが、さて、今後、酒と九一の蕎麦を楽しめる機会が、我が人生に訪れることがあるかな。
 
Img_20191113_0001
足利の蕎麦、頑張ってます。

« 『92歳の現役保育士が伝えたい親子で幸せになる子育て』 | トップページ | 丸善と三越 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『92歳の現役保育士が伝えたい親子で幸せになる子育て』 | トップページ | 丸善と三越 »