フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 読書の楽しみ | トップページ | 分かった!っと思うこと »

2019年11月21日 (木)

見習う事

 今、微生物を研究している人達が遠くからいらっしゃいました。藍染は微生物の世界。藍は染料ではない。これを理解しないと本来の藍染が理解できない。染料と考える人は藍染の本質を外します。
 
 私の話を聞かなければ理解できない事だから、遠くからいらっしゃったわけだけれど、私は微生物の世界を言語化して説明できるまで修行をした。私の発する言葉には、年季が入っているのです。

 2008年に書いた記事の中で、私はこう書いている。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

NHKで「新日本紀行」をやっていました。
山形県は天童の、将棋の駒作りの職人が出てきた。
漆を使った手描きの人は、もう二人しかいないという。
35才の男性がそれを継ごうと修行を始め、弟子に入った。
師匠以外の、もう一人の手描き職人の仕事を見学に行くという設定が出てきた。

その弟子が、もう一人の職人に漆について何か質問すると、「あのね、説明できない。漆というのは毎日違うから」と答えていらした。
修行を重ねて、感じるしかないと言うことらしい。
藍染も同じです。

こういう事が、分析に頼る現代では解り難い事なのでしょう。

何でも、言葉や数字で説明できると思っている。
だから、気楽に質問をする。
答えがあると思うから、質問できるんです。
答えがないと解るのも、修行を重ねてのこと。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 漆の職人が質問に、「説明できない」と語ったのはその通りでしょう。職人仕事はそういうもので、だから「見習う」ことが必要だった。
 
 「見習う」とは読んで字のごとく、見て習う事。職人仕事を言語化することの困難がそこにある。仕事を言葉で説明できないのです。だから弟子は師匠の仕事を見習い、修行をした。世阿弥は「學」と書いて「まねぶ」、つまりマネをするとしています。
 
 正藍染に関しては、そんなことをしていたら滅びる。私の生命も覚束ない。だから私は、仕事を言葉にする修行をしました。そこに「藍建て講習会」が成立しているのです。
 
 生徒と弟子だけは、分かってくれるだろうと思っています。

11024791_791807530915383_156594320605504
講習会を始める前
私の修行のために藍建て講習会をした。
彼らはいわば、0期生。
もちろん、無料でした。

« 読書の楽しみ | トップページ | 分かった!っと思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 読書の楽しみ | トップページ | 分かった!っと思うこと »