フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 良い蒅とは | トップページ | 尾崎紀世彦さん »

2020年3月20日 (金)

藍草の発芽

 現在藍草は、苗を育ててから定植させます。地蒔きよりも安定して育ちますし、収穫も望めますし、良い藍草に育ちますから。

 そこで問題となるのは、発芽率です。種を蒔いても発芽しなければ定植も収穫も出来ません。

 発芽率をよくするのも、土作り。それだけではありません。色々やる。それこそ、農家の腕。
 もちろん、化学肥料だの農薬を使っては元も子もありませんから、そんなことをしないで色々やる。

 発芽率は、ほぼ100%が目標だし、そうならなければウソです。それだけなく、勢いの良い、しっかりとした苗づくりもできる。そう言う苗で作る藍草は、優れた良い藍草になる。良い藍草で作った蒅は、良い蒅になる。

 写真を見ていただきたい。

Photo_20200320122501 Photo_20200320122502

 ある藍農家が作った今年の苗。勢いが良くて見るからにしっかりしているのが、色々やった苗。弱弱しいのが、やらなかった苗。

 これを無農薬で化学肥料も使わずに育てるわけですが、種をまけばいいってもんじゃない事は分かる。色々やるんです。

 この「色々やる」ことを、江戸時代の二宮尊徳は「人道」と云いました。だから、自然に任せた農法などは、人がやる限り存在しません。そういう農法があったとしても、ちょいと飢饉が来れば作物が出来ないだけの事です。その話は、またいつかしましょう。

« 良い蒅とは | トップページ | 尾崎紀世彦さん »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 良い蒅とは | トップページ | 尾崎紀世彦さん »