フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« ゴッドハンド | トップページ | 薬草染め »

2020年3月28日 (土)

学問

 私は、ちょいと事情があって、学問が出来なかった。「19才から働きづめだった」というと、「そんな話は初めて聞いた。イメージが壊れるから、そんなこと話さないで」と、私の歌の世界の、元後援会長のような女性に言われたものだが、それが事実。

 それを埋め合わせてくれたのが、読書体験。時間があれば、本をむさぼるように読んでいた。

 つまり、私には学問がない。

 学問がないと、理解力に乏しくなるのか、読書経験が、なかなか理解までたどり着かなかった。二十歳前後に読んだものが、齢50にして理解できたものが沢山ある。そこから糸が解れるように、様々のことが見えてきた。
 その間30年、私は何をしていたのだろうかと思った。私には学問がないから、理解に30年も掛かったのではないかと。

 学問をするところは大学だから、これから入り直すか、通信教育でもうけるか、はたまた放送大学に入学してみようかと、本気で考えた。そして、ラジオで放送大学の授業を本気で聞いた。様々な大学の資料も取り寄せた。

 その上で、「はて、学問とは何だろうか?」と考えてしまった。どれを見ても聞いても、ピンと来ないし、面白くない。よくよく考え、今の「学問」の質に気付いた。

 そんなときに、私に勇気を与えてくれたのが、本居宣長の「うひやまぶみ」の一節。

《詮ずるところ学問は、ただ年月長く倦ず怠らずして、励みつとむるぞ肝要にて、学びやうは、如何ようにてもよかるべく、さのみかゝはるまじきこと也、いかほど学びかたよくても、怠りて努めざれば、功なし》と宣長は書き

《されば才のともしきや、学ぶ事の晩きや、暇のなきやによりて、思ひくづれて止むことなかれ、とてもかくても、つとめだにすれば、出来るものと心得べし、全て思ひづくをるるは、学問に大いにきらふ事ぞかし》と、学問の無い私を励ましてくれた。

 さて、この宣長の文章はいわば古文で、現代人には親しくないけれど、これをどう読むか。それも、宣長は教えてくれている。

《いづれの書をよむとても、初心のほどは、かたはしより文議を解せんとはずべからず、まづ大抵にさらさらとみて、他の書にうつり、これやかれやと読みては又さきに読みたる書へ立ちかへりつゝ、幾遍も読む内には、始めに聞えざりし事も、そろそろと聞ゆるやうになりゆくもの也》と。これは、私がしてきた読書体験そのものでもあった。

 「うひやまぶみ」というのは、本居宣長が、弟子達に頼まれて、学問について、その学び様について書いたものらしい。「うひ」とは「初」。つまり「初めて」ということ。「やまぶみ」とは「山踏」で山に分け入る事。つまり、学問という山に分け入る初心者に向けての、本居宣長の助言のようなもの。どうも、好んで書いたものでは無いらしいが、そんなことはどうでも良い。


《されば才のともしきや、学ぶ事の晩きや、暇のなきやによりて、思ひくづれて止むことなかれ》という言葉だけでも、ありがたい。

« ゴッドハンド | トップページ | 薬草染め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴッドハンド | トップページ | 薬草染め »