フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

紺邑

2019年5月11日 (土)

小荷田さんご夫妻

 宇都宮から、小荷田さんご夫妻がご来工された。

Dscf0149

 お二人は、何度かこのブログにご登場いただいているけれど、ご主人は画家。奥様は絞の藍染師。桐生の大川美術館で、洋画家の松本俊介のアトリエを再現したとかで、それを見に行った帰りにお寄り頂いた。

 藍建ての講習生には、いつも小荷田夫人のお話をする。60歳でお役所を定年退職なさった後、藍染めをはじめ、10年ほど絞を習い、70歳から日本民芸館の公募展に出展して、十数回連続して入選なさっている。藍染や絞を始めるのに、遅いなんてことはないという証拠のような存在。

 時折こうやって私を訪ねて来て、藍建てや、染め液の維持管理や、染めなどについて私の話を聞きにいらっしゃる。私はなるべく、なんでも相談に乗るようにしている。

 今回も、正絹の反物を絞って藍染めした作品をお持ちになった。大作。「こりゃ、体力が大変だ」というと、ご主人が「この人は体力だけはある」とからかった。そうかもしれないけれど、多分御年八十半ばなのだから、大変なことだ。

 私はなんとなく、他人事のように絞の藍染めについての基本を語った。側に講習生が染めに来ていたから、彼らに聞かせるためだ。

 この反物の絞染には、欠点も見えたけれど、これは仕方ない。だけど、それを題材にして対処の仕方を語り、最後の仕上げについてもお話しした。多分、小荷田さんはそれを聞きたかったのだろうと察したからだが、講習生達も、相当な勉強になったことだろう。その他、色々お話をした。今度いつ会えるか分からないからだ(笑)

 ウールの藍染めについても語ったけれど、その一つ一つが、小荷田さんの経験と技術の上のことで、小荷田さんだから話せる事でもある。だから、講習生達は初めて聞くことだし、講習会ではすこし高級な話題だから、私が話したことのない内容だ。聞いていた講習生の一人は編み物の作家だから、それなりに得るところもあったことだろう。

 小荷田さんに対する私のような存在が、私にいるかな?と、ふと考えた。小荷田さんは幸せな人だなと感じないでもないが、これもご人徳のなせる業だろうと、つくづく思う。

2019年4月27日 (土)

春の藍建て講習会始まる。

 毎年恒例、ゴールデンウィーク期間中に行われる「春の藍建て講習会」が始まりました。それも、賑やかに。

 ゴールデンウイークですから、サラリーマンも休みが取れるわけで、講習会参加者に加えて卒業生や聴講生も沢山。総勢、我々教える側を含めると二十何名!遠くカンボジアからも聴講生がいらしたので、初日としては非常に中身の濃いものになりました。その為に、終了時間が一時間半も押してしまった。

Dscf0019これで全員ではないところが凄い。

 講習生にとって卒業生は、生き証人だし、彼らの経験談は、講習会の確信(コミットメント)を強くしてくれたに違いありません。

Dscf0032この大勢の中、やることはいつもと同じ。

Dscf0037
 一昨年の3月に建てた甕の染め液を捨て(捨て方も講習の内)、二年と一月ぶりに建て直しています。二年持てば文句もありませんが、寿命が長いのも、本建ての良い所です。

 今日は初日。明日も中身の濃い講習が待っています。

2018年2月17日 (土)

冬の藍建て講習会終了

 冬の藍建て講習会が終了しました。皆さん、名残惜しそうにお帰りになった。藍甕4本建てて2本建ちましたが、こんなものでしょう。

82 
 藍師もお訪ねしたけれど、勉強になったようです。

 最終日には「漢方農法」の星野先生がおいで下さり、農業の話、土づくり、水などのお話を語ってくださった。星野先生の土づくりと、私の藍建ての基本的な考えは同じです。
 つまり、土を人間と同じと見ること。そうすると、農薬も化成肥料も石灰も未熟な堆肥も使えません。藍の染め液も人間と同じと見れば、石灰も苛性ソーダも還元剤も使えません。
 
 
 講習会は、基本を習うところ。皆さんは、帰ってから経験を積んで一人前になって行く。
 
 基本とは、技術的な事だけではありません。何故それを行うのかという事を理解することが大切で、その為には、ものを心で見て感じ、行うことが大切だと、一週間言い続けていました。染め液を、人間と同じと見ることもそうです。
 
 「何故?」と考えること。それが基本だとお話ししました。

 何故すくもを使うのか、灰汁を使うのか、貝灰を使うのか、精練をするのか、染物の入れ方、出し方、洗い方、干し方も何故そうするのかを考えること。

 そして最後に、何故藍染めをするのかを考えること。

 古事記とそれを読み解いた本居宣長を例に出して色々お話ししましたが、身になることを祈っています。

 

2018年2月13日 (火)

冬の講習会始まる

 酷寒の中、「冬の藍建講習会」が始まりました。幸い、急に気候が良くなった。外で取っている灰汁も凍っていません。

 今回は、鹿児島、熊本、大阪、三重、栃木、福島、宮城、岩手と、南から北までの講習生がいらした。

 既に藍染をしている人も多く、中には“すくもを”何俵も作っている人もいる。中々の人材がそろいました。

82
 この日は、私の身体をおもんばかって4期生も4名お手伝いに来てくださり、ものすごくにぎやかな一日となりました。
 4期生は女性ばかり。あるサークルで、所謂「天然灰汁醗酵建て」をやっていて、私の「本建て」を習い、今は自宅で本染め、サークルでは天然灰汁醗酵建ての藍染めをしている彼女たちの体験談は、きっと良い刺激になったと思います。

 2期生の齋藤さんが、自分で染めた濃紺のウールのセーターを着てきたので、しばしウールの藍染め談義ともなりました。
 4期生の高橋さんは、ウールの藍染めをしたいばかりに、藍建て講習会を受講したくらいでもある。

 受講生の中には、ウールが染められれば藍染めのビジネスが広がることが分かっている人もいますから、話をしているうちに目が輝きだした。

 そんな講習会は、16日までです。

2018年1月17日 (水)

「藍建て講習会募集」はキャンセル待ちというお知らせ

「藍建て講習会」参加者募集は、追加募集含めてキャンセル待ちとなりました。
キャンセルが出ましたら、またお知らせいたします。
<冬の藍建て講習会>

期間:平成30年2月10日(土)から2月16日(金)の7日間。
日程:10日午前9時紺邑集合 16日午後5時解散
費用:一人一日1万円(+税) 材料費1万円(+税) 合計86,400円
内容:藍の本建てに関すること全て。藍染の基本。
人員:2名
申込先:gijapan@mbr.nifty.com または honzome@kon-yu.jp
 
上記メールアドレスにお名前、住所を添えて送信頂ければ、お振込み先等の案内メールを送らせて頂きます。
 
入金確認後、参加確定とさせて頂き、当日の集合時刻、持ち物など、詳細の案内を改めて送信させて頂きます。
 
宿泊:一泊2500円で民泊の用意があります。
食事:近くのコンビニ、食堂などをご利用下さい。民泊の場
   合は自炊もできます。

20171007142151                    写真は7期生の講習風景

2018年1月 5日 (金)

冬の藍建て講習会のお知らせ

お問い合わせを沢山いただいている「藍建て講習会」参加者募集のお知らせです。
 
期間:平成30年2月10日(土)から2月16日(金)の7日間。
日程:10日午前9時紺邑集合 16日午後5時解散
費用:一人一日1万円(+税) 材料費1万円(+税) 合計86,400円
内容:藍の本建てに関すること全て。藍染の基本。
人員:追加募集分2名
申込先:gijapan@mbr.nifty.com または honzome@kon-yu.jp
 
上記メールアドレスにお名前、住所を添えて送信頂ければ、お振込み先等の案内メールを送らせて頂きます。
 
入金確認後、参加確定とさせて頂き、当日の集合時刻、持ち物など、詳細の案内を改めて送信させて頂きます。
 
宿泊:一泊2500円で民泊の用意があります。
食事:近くのコンビニ、食堂などをご利用下さい。民泊の場
   合は自炊もできます。
 
Img_0557                     二期生の講習会の様子

2017年10月11日 (水)

遠方からのお客様

 紺邑には、日本全国から見学者がいらっしゃる話は以前書きました。徳島や久留米など、藍染めが盛んだといわれるところからもお見えになる。
 
 昨日は小笠原の父島から、うら若き女性が二十何時間もかけてわざわざお見えになった。藍建てと藍染に悩みがあるからです。
  
 藍はどんな方法であれ、建たせる(染め液をつくる)事は出来る。しかし、醗酵建ての場合は、維持管理が難しいのです。直ぐに色が出なくなります。彼女もそんな悩みを抱えて紺邑にいらした。
 
 手ぶらでは返せませんから、紺邑に来なければ伝えられない事を語りました。たぶん、彼女の悩みは解決すると思います。
 
 藍師の所にも行って話を聞き、作っている途中の“すくも”も見られたし天地もさせてもらいました。
 
 ものすごく濃い一日になったでしょうが、講習生に交じって一泊。この経験も、役に立つに違いありません。
 
20171007142012
※写真は講習会の一コマ。埼玉在住の卒業生も見学に来ていますが、彼の悩みも解消するはずです。

2017年9月 6日 (水)

お茶用の藍草

 四国の某市で、藍草の葉を利用して、染め以外に利用しようとしている人がいます。この方が藍草を探した。もちろん、四国内も。しかし、満足なものを得ることが出来ませんでした。量も質もです。
 
 あるご縁が出来て、わざわざ四国から我が家まで藍草を見にいらっしゃいました。見て触って噛んでみて曰く「最高です」と。気に入っていただけたのですが、それは昨年の藍草。
 
 今年の藍草を確認するために、また四国から佐野までいらっしゃいますが、その方のための乾燥葉を作っているところです。

20170903120735
20170903120809 
 刈り取った藍草をきれいに水洗いして天日干しをしてから粉のように細かくします。
 
 もちろん、無農薬栽培。ただし、土には染め終わった“すくも”がたんと入っています。我が家の猫の額のような砂利だらけの痩せた土地ですが、おかげで近年になく良い藍草が取れています。

20170903160813
 味も良い。なぜなら、妙な堆肥を使っていないからで、未熟な堆肥を使用すると窒素過多になり、味にえぐみがでるのですが、それもありません。

2017年8月26日 (土)

お休みのお知らせ

紺邑は8月26日(土)・27日(日)、臨時のお休みとさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

2017年8月22日 (火)

ホームページ更新 染め体験 染め預かり

ホームページを更新しました。

紺邑は本建ての工房ですが、今、それを公開し、正藍染を伝えようとしています。
 

何をしているかというと・・・

①藍建て(染め液を作ること)を伝えること。
Img_0557

②お客様に藍甕をお貸しして、藍染めをしていただくこと。
Photo

③プロのデザイナーやお客様のご要望に応えて、その方々の藍染めをすること。

などです。


皆様、ご遠慮なくお申し付けくださいますように。

それについて、ウェブサイトに新しいページを作り、具体的な概要をお知らせすることにしました。

どうぞこちらをご覧くださいませ。

より以前の記事一覧