紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

他のアカウント

フォト

作品

2018年11月27日 (火)

冬夜独居 大木実

冬夜独居

              大木実

悲しくはないといふ
辛(つら)くはないといふ
晴衣や肩掛けを失くしてしまつたことも
祝福(いはひ)享(う)けぬわたし達であることも
ちひさなひとつの部屋で
鍋で飯を炊(た)き
味噌汁をすする
ままごとのやうな生活(くらし)を幸(しあは)せだと喜ぶ
妻よ
おまへは本当に幸せなのか
おまへの笑ひがあどけないほど
おまへは泣いてゐるのではないか 哀しみを
おまへは包んでゐるのではないか

 

あすの朝餉(あさげ)の
買物に出ていつた妻のゐない部屋で
湯の沸(たぎ)る音を聴きながら
わたしはおもふ
これが生活(くらし)といふものか
幸福とはかうも静かに悲しいものなのか――

 
 
 

 大木さんは大正の初めに生まれ、28歳で結婚して3ヶ月で招集されて4年間の兵役について復員。戦後大宮市役所に27年間に勤めながら詩を書いた人。
 平凡の反対側に居る私が、「こんな私と一緒になって苦労させているね」と柄にもなく妻に言った今朝。この詩が身に染みる。

2016年3月25日 (金)

オーガニックコットンストール

 紺邑は藍染をしていますから、その作品もご紹介して行くことにします。本染めは何千年と云う歴史を持ち、人間の知恵が詰まっています。
 使ってこそ、生きるものです。

 今回は、オーガニックコットンストール 紺、縹(はなだ) 二色染め

Dsc_0195  
 彼岸を過ぎてようやく春めいてきました。藍染の映える季節ですが、驚くほどに柔らかなオーガニックコットンによって作られたストールをご紹介します。
 
 オーガニックコットンの柔らかさは、優しく肌や体を包みますが、その上に正藍が紫外線を防ぐために夏は涼しく、日焼けを防ぎますので、紫外線アレルギーの方に喜ばれています。
 藍が血行を良くするといわれ、肌寒い春の日も暖かく身を包んでくれます。
 幅が43センチと小さめですので、使い勝手に優れています。長さも半分に折れば、小さめのストールとして使えます。
 
 是非、お試しくださいませ。

 
*オーガニックコットンとは
 通常の綿花栽培には化学肥料、除草剤、殺虫剤、そして収穫時には枯葉剤を使うなど、大量の化学薬品や農薬が使われています。
 オーガニックコットンとは、3年以上薬剤を使わない畑で堆肥を使い、益虫による害虫対策など自然環境を汚さず栽培された綿花を指します。
 繊維の中に含まれる空気の量が多くなり、その保温性によって冬は暖かく、夏は汗の吸収に優れ、肌に触れる感触が非常にソフトです。
  
 綿は農薬を使ったとしても、綿糸や布に残留農薬が残ることはなく、製品からオーガニックコットンかどうかを計ることは出来ません。ですから、本当にオーガニックコットンかどうかを認めるには、それを証明する機関による認定を必要とします。
 
 紺邑の扱うオーガニックコットンは、すべてNOC(日本オーガニックコットン流通機構)の認定を受けた信頼された製品です。