紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

歴史

2016年8月17日 (水)

徳川家のご先祖様

 徳川家康の先祖は新田義貞の新田氏だと、家康の祖父清康が言ったらしい。

 足利尊氏の「足利氏」と同じように、「新田氏」は源氏の直流で、いわば武家の本家筋。だから、源頼朝と同じように、足利尊氏も徳川家康も征夷大将軍になれた。一方、天下を取ったように見える秀吉は、氏素性がハッキリしないから征夷大将軍になれず、関白となった。

 では、新田氏はどこの人かというと、今で云う群馬県太田市。尊氏の足利市とは、渡良瀬川を挟んで隣同士。

 そこに、世良田東照宮がある。

Dsc_0591
 門のある不思議なたたずまい。

Dsc_0595
 本殿は、やはり東照宮です。

Dsc_0597
 新田氏の始祖の義重の子新田義季(よしすえ)がこの辺りを治め、利根川沿いの「押切」を開拓して徳川と称し、名も「徳川義季」とした。

 徳川家は、南北朝時代に徳川郷を追われ、流れ流れて岡崎にたどり着き、松平と名を変えた。その七代目が家康。

 家康は、三河を統一したとき、新田義季にならって徳川家康と称した。

 これが、松平が徳川になり、家康が征夷大将軍になれた物語。

Dsc_0596
 この辺りは落ち着いた雰囲気のある良い場所ですが、私は初めてお参りさせていただきました。

 太田市は新田義貞だけれど、その終末は悲劇。確かに義貞を滅ぼした足利尊氏は天下を取ったけれど、新田の子孫の徳川も天下を取った。

 太田市は、その辺りをもっと面白く語っても良いと思うけれど、もう一つ、太田市は藍草の産地でもあった。利根川の向こうは渋沢栄一の深谷という、これもまた藍草の一大産地。面白そうです。

2014年6月 2日 (月)

佐野と「麻」のことなど

佐野藍を育てていますが、その関係の事を少し調べていますと、面白いことがたくさんある。

佐野から無くなってしまった物は、藍だけではありません。

麻、楮皮(こうぞ)、ゆり、たばこ、そして綿、などなど。

 

万葉集に

上毛野(かみつけの) 安蘇(あそ)の真麻群(まそむら)かき抱(むだ)き  寝(ぬ)れど飽かぬを  何(あ)どか吾(あ)がせむ

「上野の安蘇でとれる麻の束を抱くように あの子を抱きかかえて寝るけれど 満ち足りない いったい私はどうしたらよいのだろうか」

こういう歌があります。

なんとなくわかるような気がする歌ですが、私の住む旧安蘇(あそ)郡は、栃木県だから、「上つ毛野(群馬県)」ではなく、「下つ毛野(栃木県)」のはずなんですが、今でも県境ですから、当時は何かあったんでしょう。

それはともかく、万葉集の昔から、「安蘇の
真麻群(まそむら)」と云うくらいで、麻が栽培されていたことがわかります。



嘉永元年(1848)に書かれた「下野国誌」に・・・

「安蘇郡はすべて山畑にて麻をおほく作る地方なり。おしなべて下野は麻を作る国なれども、安蘇郡より出るを第一とす。安蘇のまそむらと読めるも、真麻群にて、安蘇といえるも麻よりい出し名ならんといえり」。

という記述がある(田沼町史)。

つまり、「安蘇」の名は「麻」由来だと云うことですが、それも「安蘇郡より出るを第一とす」というくらい、品質が良かった。



いつぞや紺邑に入らした安蘇郡の葛生のご老人にこの話をすると、「私の子供のころは、秋山川で麻を洗って小遣い稼ぎをしたもんだ」とおっしゃった。

つい最近まで、安蘇の麻栽培はあったのです。