フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

藍染め

2019年5月10日 (金)

藍染の色移りと色落ちについて その2

 手元に「染織と生活」№10(1975年 染織と生活社)があります。その130pに、藍染めの摩擦堅牢度について書いてある。「藍染の最大の欠点は、摩擦堅牢度が弱いことである」と。調べてみた結果、濃色の藍染めの摩擦堅牢度は、乾式で三級、湿式で一~二級だった。

 私の藍染めの堅牢度は、ホームページに表示しているけれど、それは濃い綿地二種類ですが、双方とも、乾燥で五級、湿潤で三級です。摩擦堅牢度に、結果的に強い。

 この違いはどこから来るのだろうか。

(その1から続く)

《藍には色移りする性質がありません。その性質を生かした藍建て、染めをすれば、色移りはありません。
だから
 ・藍染めに色移りは無い。
・色落ちは心配ないし、落ちないように染めるのが職人。》
 
 こう以前書いた。
 
 しかし現在、藍染のほとんどが色落ちして色移りする。私の尊敬する永六輔さんは、亡くなる前ラジオで、「藍染は色落ちがして色移りするものだ。それを承知でどうやって着こなすかが粋というもの」と語っていたくらいなもの。
 
 本来、藍染めに色移りする性質は無い。なぜなら、藍(インディゴ)は水溶性ではないからだ。水に溶けないのだから、水で洗って色落ちするはずもない。色落ちしなければ、色移りもしない。これが道理。

Numai2私の工房で染めたバンダナの藍染。
この柄を、糸や輪ゴムや板など、一切道具を使わないでだす。
色が移らない藍染めだからできること。
ある工房で、私が同じことをやったら、無地になった。


 古来藍染は、醗酵という手段で水に溶けない藍(インディゴ)を水に溶かし、布や糸を染め液に浸し藍を付け、その藍を染め液の外に出して酸化させて、元の水に溶けない藍に戻すことによって藍染めをしてきた。だから、色落ちもなく色移りもない。
 
 しかし、藍の醗酵は簡単ではない。手間も掛かるし、辛抱もいるし、勘もいるし、技術もいる。だから、紺屋という専門の職人仕事だった。
 
 それを化学は簡単にした。藍を還元によって簡単に水に溶けるようにした。つまり、還元剤の使用によって、醗酵させなくても、藍を水溶性に変えることが出来るようになった。
 
 この還元剤なるものは、ハイドロサルファイトでもブドウ糖でも水飴でも蜜でも、なんであろうと染物に藍と一緒についている。だから、水で洗うと藍を還元させてまた水に溶かしてしまう。だから色落ちする藍染めになる。そして、他の染め物に藍が染まる。つまり、色移りする。
 私の父は、何でも試すのが好きで、「おい、藍染めを洗った液にハイドロ入れると、藍染めが出来るぞ」と私に語っていたものだ。
 
 色落ちして色移りする藍染めの極端なものは、合成藍(インディゴピュアー)を苛性ソーダとハイドロサルファイトで還元させて染めたもの。代表例が剣道着。洗っても洗っても色落ちがするし、肌も青くなる。
 私の息子も剣道をしていた。白い道着を私が藍染めしたが、色落ちも無ければ汗臭くもならなかった。なぜなら、それが本来の藍染めの特徴だからだ。
 
 本来の醗酵の藍染でも、藍の定着が悪ければはじめ色落ちする場合がある。だから、色落ちしないように染める必要がある。それが、職人の仕事。しかし還元の藍染めは、定着させることが出来ない。だから、何をやっても色落ちする。色落ちが止まるのは、何度も何度も洗った後だ。
 
 醗酵させているつもりの藍染めが、最近見える。それは、醗酵と還元を一緒にしているからなのだが、その話はまたいつか。

2019年5月 2日 (木)

一昨年の五月に建てた藍の染め液(色落ちと色移りを書く前に)

 一昨年の五月の講習生たちが建てた染め液が、二年経っても現役で大活躍。今回も皆さん、この甕を使ってガンガン染めています。その内の一コマですが、絹糸を染めているところです。


(動画は写真をクリック

 表面を良くご覧いただきたい。膜が張るのがお分かりだろうか。
 これが、醗酵の印。

 写真のように美しい青色に染まりますが、紺から濃紺にするなら、これを下染めとして、濃い染液に移り、本染めをします。

Photo_87 (写真は一期生の山本有美さんから)

 真に醗酵で建て、維持管理をしっかりして染め方を間違えなければ、染め液の寿命は長いのです。「染め液の寿命は三カ月」という説も散見しますが、それは何かがおかしいという事です。

2019年4月25日 (木)

藍の染め液の維持管理方法

 藍の染め液の維持管理方法の基本は、放って置くこと。染めたら蓋をして寝かせる。次の日、蓋を開けて染める。これだけ。勿論、毎日染められる。

 何故か?と言えば、本来の藍染の染め液は、醗酵して微生物が無酸素状態の染め液中に生きていて、彼らは空気を嫌う嫌気性菌だからです。攪拌して空気を入れると痛む。だから放って置いてあげる。それが微生物にとって一番良いから、基本は放って置くことです。
 しかし、攪拌しなければならない時もある。それは以前書いた通りです。

 攪拌の仕方は、染め液中に空気をなるべく入れないように、優しく丁寧に攪拌します。理由はおわかりでしょうが、ですから、染め液の表面に「藍の華」というものは現れませんし、本来はあってはいけないのです。

 毎日攪拌する染め師もいることは存じ上げていますが、その理由も書いた通りで、攪拌して藍の色を出しているわけです。それは、微生物の力ではなく、結果的に何かの還元力で色を出している。それは化学的なものとは限らないという事も、書いた通りです。

 一日おきに染める染め師もいるようですが、それも、色が出て来るのを待つからか、攪拌して痛めた染め液の回復を待っているのでしょう。本来の藍染めは、毎日染められます。

 攪拌を頻繁にすること。一日置きに染めなければならないこと。この二つのことで、その染め液の性質が分かります。

(次回は、藍染の「色落ち」と「色移り」について書いてみようと思います。)
 
Dsc_0001    
※写真は蓋を開けた直後の染め液の様子。膜は張っていますが、藍の華はありません。

2019年4月20日 (土)

藍の染め液の手入れ その2

 「藍の染め液は、毎日様子を見て面倒をみなくてはならない」というのが世評としてある。「攪拌を毎日しなければならないから、紺屋は旅行へも行けない」ともいわれる。

 先回私は、「本染め(本来の藍染)の場合、手入れは滅多にしません」と書いた。上記と矛盾しますが、これは「本染め(本来の藍染)」の場合です。私の弟子や生徒の中では、是は常識。だから、染め液を放って置いて旅にも出るし、寒い間の半年間寝かせておいて、暖かくなってから染め液を起こして藍染めしている人も居る。

 多くの藍染師は、毎日面倒をみて、毎日攪拌している。先日、私の弟子が訪ねた染め師も、今使っている藍甕を指さし、「もう少しで建て直しだから、ようやく旅行に行ける」と語ったと云います。それは何故かと言うと、手入れをしなければ色が出てこないからというのが最大の理由。手入れをして色を出す。

 本染めは、何故手入れをしなくとも色が出るかというと、醗酵だからです。微生物が色を出してくれる。では、手入れをしなくてはならない藍染めはどうなのか?という問題になります。

 藍の最大の特徴は、水に溶けない事。「藍は強アルカリ性の溶液に溶ける」という。だからpHの管理が必要で、適正pHにしなければならないと。そこで、毎朝pHを計り、なにがしかを使って適正pHにする作業がある。

 しかし、江戸時代、またはそれ以前に、アルカリという概念もpHメーターもなかったのに、藍染めは盛んだった。当時の染め師が、pHを計っていたなどと言うことはないのに、藍染は染められていたわけで、事実、私はpHを計ったことはありません。

 では「適正pH」の適正とは、何に対して適正なのか?それは、還元させるためです。

 藍の染め液は、強アルカリ性であることと、染め液中に酸素がないという特徴がある。つまり、無酸素状態。本建ての場合は、微生物の力で無酸素状態にしている。酸化したものを元に戻すことを「還元作用」と言いますが、染め液から酸素を取り、無酸素にすることを「還元」と云うわけです。それが「還元」。

 本来の藍建て(染め液を作ること)は、醗酵という微生物の作用で、結果的に還元させて染め液を作ります。その微生物を昨今は、還元菌などと呼んでいるようです。それらの菌に、適正pHなどありません。 

 還元させるためには、醗酵の力が絶対に必要だなんてこともありません。還元させるものを、染め液に入れれば、藍染めが出来ます。それが「還元剤」と云われるものです。

 化学的な還元剤の代表的なものが、ハイドロサルファイトと呼ばれるもので、これが、藍染のあの強い臭気を出す元です。その他に亜鉛末がある。これが化学的な藍染めで、pH調整して還元剤を入れれば、直ぐに藍染めが出来るようになります。

 還元剤にはその他に糖分や蜜などもあります。ブドウ糖、水飴、蜂蜜や廃蜜なども還元させるものです。

 朝、染め液に色が無ければ、pHを調整し、これらを入れる。しかし、酸素をとるための酸素が液中に必要ですから、攪拌して空気を入れる作業が出て来る。朝とは限らず、染め終わってからも攪拌しなければならない。だから、旅にも行けなくなる。放って置けば、染め液は腐敗するでしょう(醗酵の染め液は腐敗しません)。

 これが、手入れですが、醗酵とはなんら関係はありません。これらは麻薬のようなもので、簡単に染め液が生き返るために、手放せなくなるわけです。また、こういう還元させるものが、色落ち、色移りの原因にもなる。

 

 もしかしたら次回につづく。

2019年4月18日 (木)

藍の染め液の手入れ

 本染め(本来の藍染)の場合、手入れは滅多にしません。建てた時の蒅(すくも)と灰汁と、建てた後に加える麬(ふすま・小麦の皮)と貝灰と少量の澱粉が、微生物の餌になっているからです。

 微生物がこれらを食べてしまって、餌が染め液中に少なくなった時に手入れをします。つまり手入れとは、微生物に餌を上げてやることです。

 基本は「灰汁」です。灰汁はミネラルの宝庫ですから、それを加える。染め液に入れる液体は、灰汁だけです(建てる時も、灰汁だけで建てます)。再度書きますが、基本は「灰汁」です。

 麬(ふすま・小麦の皮)もミネラル分の補給です。これを勘違いする人がほとんどですが、これはミネラルと繊維質であって、澱粉はほとんど含まれていません。

 貝灰もミネラルの宝庫。石灰と比較する人がいますが、染め液に入れる目的が全く違います。貝灰は栄養補給。石灰はpH調整です。

 これらの何を、いつ、どうやって加えて染め液を維持管理するかというと、経験が教えてくれます。経験するしかないけれど、基本はある。その基本に乗っ取って経験を積み、手入れ方法を覚えるのです。以前、「守破離」のお話しをしましたが、その「守」です。

 経験が教えてくれることは、簡単ではありません。修行が要ります。今の日本人は、修行を嫌う。だから、簡単にできるものに飛びつく。また、簡単に出来ることを教えてくれる人も教室もある。そして、本来の物事が消えかかっているのが、今でしょう。

4    

※写真はウールの手編みセーター。毛糸を濃紺、紺、藍、水色に染め分け、東京の手編みの作家が編んだもの。日本橋三越本店に出展していた時に持ってきてくださった。

 本染めの藍染は、ウールも綿と同じように染まりますが、ウールの色の変化は凄い。これも10年近くになりますが、色が濃くなり、深みが出てきている。それを見た作家が驚き、私に見せるために持ってきてくださった。といういわくのあるセーターです。

 

2019年4月10日 (水)

灰汁(あく)

 藍は灰汁で建てます。蒅(すくも)と灰汁だけです。途中で日本酒、ふすま、石灰などを入れることはありません。灰汁で建てるから「灰汁建て」です。それを「本建て」とも「地獄建て」とも言います。

 「灰汁(あく)」とは、堅木を燃やした灰に水かお湯を入れ、激しくかき混ぜ、一日二日放って置いて、灰が沈んだ後の上澄み液をいいます。
 
 日本には、灰や灰汁の正しい作り方が伝わっていないようです。手元にある昭和50年代の論文も勘違いしている。曰く「灰汁は茶色」だと。茶色の液で美しい藍染は染まりません。

 茶色の灰汁は質の悪い証拠の様なもの(例外はある)。限りなく無色透明な灰汁は質が良い。そういう灰汁を取り、使わなければ、蒅(すくも)と灰汁だけで醗酵させることは難しくなります。

Dscf0092_2
 写真は、講習会で取った一番灰汁(最初に取った灰汁)です。天井が移るくらいに澄んでいますが、とても強い灰汁です。

 藍建ては蒅と灰汁。良い灰汁を作ることが肝心です。

2019年4月 1日 (月)

藍染めの常識(殺菌作用と抗菌作用について

私は藍染の職人で、科学者でも化学者でも歴史家でもありませんが、経験と実感と、それに伴った常識から物を見るようにしています。

古来藍染は、人間の役に立って来たと書いて参りました。だからこそ何千年という歴史を持つと。
しかし、この説明も簡単じゃない。
何故かと云えば、現在の藍染は、原料の問題と建て方の問題を抱えているからです。

さて、私の云う「常識」とは如何なる物かと云えば、例えば、藍に殺菌作用があるなどという事について。
私の常識は、殺菌作用などあるはずがないと語りかけて参ります。
何故なら、藍は醗酵によって染められるようになるのですから。
醗酵とは、微生物の作用。
藍に殺菌作用があるなら、微生物は死んでしまいます。

私の知り合いが、それについて大学でしっかりと調べてもらった。
結果を云えば、藍染には抗菌作用はあるけれど、殺菌作用は無いと言うことだったけれど、当然のことです。

下世話な話しになるけれど、「所さんの目が点」というテレビ番組で、藍染の布を調べたら、葡萄球菌も蔓延らなかったという結果になった。
それは、藍染に抗菌作用があるからで、細菌を殺してしまうほどに藍染は怖い物ではないことを示しています。
もう一つ加えるなら、世の中には薬事法というのものがあることも、知らねばなりません。

*薬事法は平成26年に薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律) に改正されています。

2019年2月27日 (水)

春の藍建て講習会参加者募集

(満席になりました。)
  

 

 

すくもが出来上がる予定なので、春の藍建て講習会をします。

 

この回を含めて、あと2回かな?などと思っております。
もっとするかもしれませんが・・・

 

期 間:平成31年4月27日(土)から5月4日(土)の8日間。

 

費 用:1人1日1万円(+税) 材料費1万円(+税)合計97,200円(税込み)

 

内 容:藍の本建てに関すること全て。藍染の基本。

 

人 員:若干名(6名ほど)

 

申込先:gijapan@mbr.nifty.com または honzome@kon-yu.jp

 

 上記メールアドレスにお名前、住所,、電話番号、性別を添えて送信頂ければ、お振込み先等の案内メールを送らせて頂きます。入金確認後、参加確定とさせて頂き、当日の集合時刻、持ち物など、詳細の案内を改めて送信させて頂きます。

 

宿 泊:基本的にはご自分で手配していただきますが、ご希望の方には民泊の用意があります。ほとんどの皆さんが、民泊を利用されています。合宿状態ですが好評です。

 

食 事:近くにコンビニ、食堂があります。民泊は自炊もできます。

 

以上です。

 

Dscf0093_1_2                     冬の藍建て講習会の一コマ

2019年2月24日 (日)

冬の藍建て講習会終了

 蒅(すくも)と、木灰から取った灰汁だけで建てる、「藍建て講習会」が終了しました。参加者の中には、ベテランの藍染の染め師や染織作家もいて、一風変わった講習会ではありました。

Dscf0124_1_2                今回、蒅(すくも)と木灰から取った灰汁だけで建てた染め液

 本建て(すくもと灰汁だけの建て方)は、最もシンプルな建て方です。石灰・日本酒・ふすま・糖分など、一切使いません。これを「地獄建て」とも言い、最も難しい建て方だと云われてもいます。

 何故「最も難しい建て方」と云われているかというと、技術だけの問題じゃないからなのだろうと、建て続けてきた私は思います。では、何が大切なのかというと、心の持ちようなのです。
 藍建て講習会と銘打っていますが、私が伝えているのは、この「心の持ちよう」です。私の話がしつこいのは、心を伝えているからなのです。

 カルチャーセンターの教室のようなつもりで来た人は、はじめは面くらう。藍染めに迷いが生じて来た作家たちも同じ。しかし、終わると納得し、「すっきりしました」とみんなが言う。全くの初心者は素直に学び、本建て正藍染めを始めている。

 もちろん、技術・技法を教えないわけではありません。その一つ一つの意味を感じ、心を込める事が大切なのだと伝えているのです。そして大切なのは、心を込める方法。心を込めているつもりにではいけませんから。

 難しいようですが、そうでもない。なぜなら、心を持っている人間のすることだからです。ですから、講習生は色々。専業主婦、勤め人、医者、歯医者、藍染師、染色作家、カメラマン、デザイナー、農家、植木屋、花屋、居酒屋など、ありとあらゆる人達がいて、本建てをして本染め(正藍染)をするようになりました。都合、92名。もう少しで100人となります。

 伝統工芸が滅びに向かっている日本で、せめて藍染めという小さな伝統工芸の世界で、本来の伝統の意味や在り方や技術や心持が伝えられるようになり、それが100人を超えた時、日本の中で化学変化が起こりはしないかと思っています。小さく始めた動きが、少し、目を出しつつあるようにも感じています。

 今回、講習生の中にはベテランの藍染師もいましたが、私のしていることを「凄いですね」と言ってくださった。何が凄いかというと、藍建ての全てをさらけ出している事。その為に、染め液を開放している事。
 この困難さは精神的なものなので、この方だけが理解したということなのです。

2019年2月21日 (木)

藍建て講習会

 只今、藍建てを教えています。参加者は、大分、愛媛、鳥取、京都、埼玉、群馬、栃木の人たち。使うのは蒅(すくも)と灰汁(あく)だけという、いわゆる地獄建て。藍建ての世界で、最もシンプルな建て方。

 今回は、四日目にして醗酵が確認され、五日目の昨日、色が出ました。真冬の藍建てとしても上出来です。
  
Dscf0099_2   
 私の書いたものを読んで、時折「蒅に灰汁を入れましたが、建ちません。どうしてですか?」と問い合わせがある。今の日本人には、こういう人がいる。入れただけで建つなら、講習会は要りません。

 メールやメッセンジャーで細かく藍建ての方法を聞いてくる人も居る。それで教えられるなら、講習会は要りません。

 大切なのは技術じゃない。方法でもない。「何故するのか」という理由を知ること、その心を知ることだと、講習会の初日に伝えます。それを八日間で伝えることは、実は難しい。だから私は、講習生たちの面倒は、私が生きている限り、一生見るという覚悟位はあるのです。

より以前の記事一覧