フォト

ブログ

« ダンナ衆 | トップページ

閑馬

 紺邑は、佐野市閑馬町(かんまちょう)にある。その名の由来を先ずは記しておこうと思うけれど、その史実としての正誤は知らない。しかし、そういう伝説のような話しが、ここにあると云うことで十分だ。

 栃木県足利市は、その名の通り「足利」で、それは足利幕府に繋がる,源氏の由緒正しき名前だし家柄だ。それが軽んじられているのは、偏に徳川光圀、つまり水戸黄門が編纂させた「大日本史」の所為で、幕府を開いた足利尊氏はすっかり逆賊になってしまい、その大元の足利市民は明治以来、差別に苦しんできた。大東亜戦争で兵隊にかり出された人たちは、足利出身だと云うだけで随分虐められたなどという話しを聞いていたが、それはその典型的な例としてあったのだろう。

 足利市民は、尊氏の復権がなければ自分たちの町の復興も無いとばかりに、NHKの大河ドラマで「太平記」を取り上げて欲しいと切望していた。それが適ったときに、我々も大いに働かせてもらったわけで、その一環として、「婆娑羅パーティ」があったのだが、それはまた、後日記したいと思う。

 さて、足利尊氏の6代前の先祖に足利義兼がいる。父親は頼朝の従弟であり、足利市の中央にある国宝「鑁阿寺(ばんなじ)」を作った人でもある。その義兼が、頼朝に馬を送ろうと思った。噂に寄れば、近くの沢に名馬がいるというので、家来に命じて捕らえさせることにした。
 沢に行くと、噂通り、二頭の大きな名馬が出て来たので一頭は捕まえた。その馬は、生きている物になんでも食らい着くので「生食(いけずき)」と名付けられた。 
 もう一頭には逃げられてしまったので追いかけて行くと、ある沢に入って行った。馬もさすがに疲れたのか、池で休みながら水を飲んでいるところを捕まえた。その沢を、馬が閑かになった所として、「閑馬」と呼ぶようになったのだそうな。
 その馬は、まるで墨を磨ったように真っ黒だったので「磨墨(するすみ)」と名付けられ、馬が水を飲んだ池を「するすみの池」として、今も閑馬に残る。

 これが我が「閑馬」の名の由来だけれど、この名馬二頭は「平家物語」の「宇治川の先陣」争いに出て来る。

 頼朝は「生食(いけずき)」と「磨墨(するすみ)」という、二頭の名馬を持っていた。ある日、梶原源太景季(かげすえ)が頼朝に、「生食」が欲しいと強請った。頼朝は「これはいざというときに私が乗る馬だから、おまえにはいずれ劣らぬ名馬だからこちらをやろう」と言って、磨墨を与えた。
 しばらくして頼朝は、「これは皆がほしがる馬だが、おまえにやろう」と言って、なぜか「生食」を佐々木四郎高綱に与えてしまった。感激した高綱は「この馬で宇治川の先陣を切ります。出来なければ死にます」と頼朝に誓った。

 磨墨を与えられ、鎌倉を発った梶原景季は、駿河の国浮島が原の高いところに上り、「こんなすばらしい馬に乗っているのは、俺くらいなものだろう」とうれしく思ってあまたの馬々を見下ろしていると、自分が所望しても叶わなかった「生食」が居るではないか。急いで側に行き「これは誰の馬か?」と近くの者に尋ねると、佐々木高綱の馬だという。

 これを聞いた梶原は、自分が所望しても貰えなかった生食を佐々木にくれた頼朝を恨み、佐々木と差し違えて、「損をした」と頼朝に後悔させてやろうと、佐々木に迫る。
 必死の形相で迫り来る景季を見た佐々木は事情を想い出し、咄嗟に「この馬は頼朝から盗んできたのだ」と嘘を付き、双方笑って無事分かれることが出来た。

 さて、二人は宇治川に来た。対岸にいる平家を如何に攻めるか、義経達が協議していると、平等院の脇から、磨墨に乗った梶原景季と、それから6間ほど後れて生食に乗った佐々木高綱が先陣争いを始めた。
 後れを取り、宇治川で先陣を取らなければ死ぬと頼朝に約束した佐々木は、「梶原殿、この河は西国一の大河ですぞ。馬の腹帯が緩んで見えます。締め直した方が良いですよ」と、景季に声を掛けた。
 これを聞いた景季は「それはそうだ」と立ち止まり、腹帯を調べてみるとちゃんと締めてあるではないか。
 その隙に、佐々木に先を越されてしまったという物語。

 
 

« ダンナ衆 | トップページ